塾は誰でも簡単に開業できる|ビジネスチャンスが到来

ITの活用と外国語対応

握手

日本の旅行で気になるのは

インバウンドにおける訪日外国人観光客にとって、楽しみのひとつに挙げられるのが日本の食事です。ラーメンやお寿司に代表されるように世界の主要都市の多くに、日本食レストランが点在しています。既にインバウンドの外国語対応をしているお店では、さらにITの活用を検討しています。また今から導入されるお店では、外国語メニューを取り入れていることを考えているところも多いようです。ITを活用した外国人観光客への対応としては、指差し会話ができるシンプルなものから、現在では居酒屋などにみられるタッチパネルの導入が増えています。外国人利用者が増えているレストランやカフェ、居酒屋では外国語メニューの導入が主ですが、写真付きであればオーダーミスを防ぐことができ安心です。対応言語の種類としては英語をはじめ中国語(簡体字・繁体字)、韓国語が多いようです。インバウンドの外国人旅行で増加の傾向にある、タイ語やインドネシア語を加える企業もあるでしょう。インバウンドにおけるメニューの作成や集客方法などを相談にのっているコンサルティング会社もありますので、興味がある方は気軽にお問い合わせしてみるのも良いですよ。タッチパネルといったITの活用は、日本の技術に興味をもった外国人観光客に喜ばれ、食事やサービスを提供する以外の目で見て楽しめる観光となります。そのため、このようなIT技術の導入はリピーターの獲得や口コミによる宣伝効果もあります。加えて人件費といったコスト削減にもなるのです。またインバウンドにおけるIT戦略は、ゲーム好きな国の旅行者にハマりやすいといわれ、売り上げアップにも繋がります。タッチパネルでは居酒屋やレストラン以外に、焼き肉店やカラオケ店などに多く導入されています。